作家プロフィール

プロフィール

岩崎 貞美(いわさき さだみ)

作詞/作曲家

写真
本名
岩崎貞美
誕生日
S19年10月19日
好きな言葉
なせばなる.なさねば.ならぬ(なにごとも)
趣味
陶芸、油絵
血液型
A型
出身地
神奈川県横浜市
PR
一人でも多くの方に聞いてほしいです。
おもな作品
渡し船   作詞 岩崎貞美

1 岸辺にゆれてる 月影が
  思い出させる あの夜を
  あなた好きでも かなわぬ恋路
  船の片隅 せをまるめ 肩をふるわせ
  こらえきれずに 櫂も泣いてる 渡し船
2 私のあなたで いてほしい
  せめて今夜は この宿で
  朝が来るまで あまえる私
  枕ふたつを ならべても 夢路はかなく
  明日はこの宿 思い残して 出てゆくの
3 あなたの優しさ ほほえみが
  心ゆさぶる 燃えさせる
  月の明かりが 二人を包む
  水の流れに 身をまかせ すがる喜び
  かよう岸辺に 夢を乗せます やかた船


母の人生   作詞 岩崎貞美

1 苦労苦労で 明け暮れながら
  いばら道でも 顔には出さず
  人には優しく するのよと
  そっと言われた あの言葉
  忘れはしない 私です
2 雨や風から 守ってくれた
  母の背中の 温もり恋しい
  あなたの娘で よかったと
  言えば自慢に なるけれど
  心しんから思う 私です
3 慣れぬ都会の 暮らしに疲れ
  愚痴や涙で 甘えたあの日
  今では私も 母になり
  盆に帰れず ごめんねと
  心こころで詫びて 手を合わす
(セリフ)ありがとう お母さん


夫婦道   作詞 岩崎貞美

1 おまえにであって 手もふれず
  結ばれ苦労を 掛け同士
  すまない心で 詫びている
  何もやれない この俺さ
  人並み幸せ 有難う
2 あれから何度も 春が行き
  暮らしも今では 数十年
  山あり谷あり 嵐あり
  この年までに 耐えながら
  人生航路は 二人連れ
3 おまえは姉さん おまえだが
  泣き虫弱虫 無口だが
  守ってあげずに 詫びた事
  そっと手をとり 泣いた夜
  目と目でかわして 夫婦道


連絡先
電話 045-591-3918
FAX 045-591-3815
携帯 090-8840-6742

全国詩曲音楽連盟