作家プロフィール

プロフィール

西城 未貴(さいじょう みき)

作詞家

写真
本名
岡部榮樹
誕生日
1944年1月8日
好きな言葉
万汗万歩目的達成
趣味
 
血液型
O型
出身地
三重県津市
PR
三重県津市役所職員24年間奉職、
津市議会議員(2期8年)
三重県議会議員(2期8年)
三重県身体障害者福祉連合会顧問、鳳城朋美事務所、クラッチHY代表
略歴
2008年12月24日 社団法人 日本作詞家協会に入会
2009年 全国詩曲音楽連盟に入会
2008年10月 「みんな一緒だから」「こころの輪」を作詞。DAM、UGA、ジョイサウンドに配信。作曲:井上善日居/編曲:花岡優平/歌:鳳城朋美
※福祉の応援歌で「みんな一緒だから」は生まれた時から身体が悪く車椅子生活の男性が青春時代の日々の葛藤を乗り越えて、結婚というすばらしい宝物を車椅子バスケットボールを通じ現実にしたことを歌にしました。
「こころの輪」は現在から未来にかけて福祉社会に生きる力とすべて人が共生社会(コラボレーション)と又、障害者と健常者の「境」のない福祉社会を築いていく様を歌にしました。(音頭曲)
2曲共45年間の福祉生活を通じて作成しました。
※作詞に係る印税は全て福祉活動に寄付。
活動予定
「京都」と「大阪」を舞台にした恋愛と半生期を終え、故郷へ帰った人生物語を作成中。近日完成。
連絡先
クラッチHY 三重県津市乙部2132-3 TEL090-1411-0335(西城)

■日本作詞家協会 総会
H22年6月8日(火)16時30分 「ホテル ルポール麹町」で開催。
湯川れい子会長の議事進行で始まり、先ず当協会会員のH21年5月石本美由起先生、H21年11月森繁久彌先生、H22年5月吉岡治先生他6人の先生がお亡くなりになったご冥福を祈り、黙祷で始まった。
その後総会に先立ち定足数の確認。
会員820人の内、出席者160人、委任有効数396人、無効17人、有効数556人(67%)を持って成立。
総出席委任状を持って成立の確認後湯川れい子会長の挨拶。
議事に入る。議長には湯川れい子会長。
いではく先生が平成21年度の事業報告を説明。
1.日本作詞家協会の目的と事業達成の説明(報告)
2.第42回日本作詞大賞(65作品がノミネート)
3.第12回著作権シンポジウム開催(いい歌を残すための歌会議)
4.年間詩謡集「きょうの詩あしたの詩」
5.会報(定期的に発行している当協会唯一の機関紙)
6.PC委員会(HP作成と情報発信)
7.研修旅行会(H22年2月21〜22日 熱海後楽園ホテル)
  「日本作詞家協会から聖川湧先生及び日本音楽著作権協会から講師を招き、盛大に行なわれた」

■協賛事業
1.「作詞講座」
 日本脚本家連盟主催の作詞教室に毎年当協会から講師を派遣。すでに同教室より3,500名余りの卒業生がおり、現在プロとして活躍している作詞家も多い。
2.主な関係団体への協賛
 (1)JASRAC賞の贈呈式
 (2)JASRAC主催の各文化事業
 (3)日本作曲家協会の音楽祭
 に参加、協賛を行なっている。

■21年度決算報告
1.収支報告
    以上
  議事録署名
   田中 龍二 先生
   須賀 まき子 先生

■懇親会
盛大に開催
語り合う人、写真撮影をする人、楽しい2時間でした。

平成22年6月8日(火)
日本作詞家協会総会 懇親会にて

会長湯川れい子先生と

水木れいじ先生と

峰崎林二郎先生、久仁京介先生と


全国詩曲音楽連盟